6/16(日):α7RIII+FE100-400mmGM/α7RII+LAOWA 15mm F2 Zero-Dで羽村までポタリング -4-

スポンサーリンク

いろいろドメイン取って、いろんなブログ書いていましたが更新もできてないので整理しようと思っています。今年の更新のタイミングで更改はせず、ドメイン消滅としていく予定で、最終的に独自ドメイン+ブログはこの鳥撮りブログとAccpet Allだけにしようと思っています。そこそこアクセスがあるBORG日記とペンタックスファンも消滅予定です。
[exif img=”2019/06/20190616-_7R30040.jpg”]

去年ミニマリストに目覚めて自分の持ち物はかなり断捨離し、今も基本的には所有しないようしているのですが、たくさん持っているドメインもなんだか整理したいと思い始めましてね。アクティブな2つだけ残して、それ以外は更新を止めようと思っています。
[exif img=”2019/06/20190616-_7R30045.jpg”]

さて、最近なにかと話題を提供している金融庁の2000万円足りません問題。自分的にはあれが国民の怒りを買う理由が分からないのですが、怒っているのは結構高齢の人が中心なのではないかと想像しています。若い人はもうそもそもとして年金なんて信頼していないでしょうし、30-40代は「やっぱりね。今更国に言われんでも知ってたわ」と思う気がします。直撃するのは年金生活に入ったばかりとか、あと数年で年金生活という年齢の人ではないかと思うのです。
[exif img=”2019/06/20190616-_7R30053.jpg”]

もう死にましたが、うちの親父の世代だと昭和/平成の好景気を経験し、年金だけで最低限の生活できる額はもらっていましたからね。今70-80代の人は減額されるわけでもないので、特に不満も怒りも出ないのではないかと思うわけです。親父が現役の頃なんて日経平均はもうすぐ4万円なんて時もあったし、定期預金なんて10%近い利子率でしたからね。ちなみにボクが大学の頃はガソリン代って探せば79円とかの店もありました。今からすると信じられない時代でした。
[exif img=”2019/06/20190616-_7R30068.jpg”]

で、2000万問題ですけど、これって「100歳まで生きたとすると」という話なんですよね。そもそも年金制度が制定されて頃の平均寿命って60歳前後だったから、100歳まで生活保障する前提なんて当時はなかったわけですよ。ボク的にはそんな年まで生きたいと思わないし、一部で出ている「だったら安楽死を認めろ」という主張には2000万問題は別として、日本でも承認されたら嬉しいと以前から思っていました。北欧の方ではすでに認められている国もありますから。
[exif img=”2019/06/20190616-_7R30069.jpg”]

ボクらの年齢だと、そもそもとして年金オンリーで老後や余生を過ごせるなんて妄想はとっくにないので自衛として資産形成を真剣に考えないといけない世代でした。昔から年金なんておまけ程度にしか考えていませんでした。退職金を当てにする世代でもなかったですし。
[exif img=”2019/06/20190616-_7R22737.jpg”]

僕らが年金をもらう頃になると、多分月に20万円程度になるでしょうね。ここから税金引かれますからね(年金は所得税がかかる)。東京だと贅沢な家でなくても12万前後は家賃でかかるし(ボクは家を買うつもりはなし)、食費に最低でも3-4万と考えるとフリーキャッシュって3-4万円しか残らないわけです。生きていくだけならできるけど、なにか趣味をしたり、旅行したり、病気をしたりすると一気に赤字になるようなキャッシュフローなわけでです。
[exif img=”2019/06/20190616-_7R22740.jpg”]

よく言われるようにインフレ率を考えると貯金は目減りするから資産形成の手段としては不向きで、これを考えるとお金ってストックではなく、フローなんだなって思います。不動産もBS上は負債なのでそもそもとしてお金になるものではないけど、性質としてはストックなので資産という意味では対象外とした方がいいように思う。買った瞬間から減価償却が始まるものって資産じゃないですしね。
[exif img=”2019/06/20190616-_7R22742.jpg”]

だから、2000万足りません問題も、ストックって考えるから大変な金額に見えるのですよ。老後は一切稼ぎませんという観点に立って100歳まで生きるなら確かに足らないのかもしれないけど、僕らの世代だと「フローベースで考えるべし」と教育されてきたので(誰に?)、そもそもとして2000万貯めないと!という意識はありません。ボクだけ?
[exif img=”2019/06/20190616-_7R22747.jpg”]

それよりは引退までに作っておかないといけないと真剣に、それこそ毎日考えているのは、サラリーマン辞めた後キャッシュフローを作れるシステムです。これさえあれば何歳まで生きても生きていくのに必要な程度のお金に困ることはないはず。
[exif img=”2019/06/20190616-_7R30092.jpg”]

サラリーマンやってる間に副業作って、引退後はそれを伸ばしていくという方向性もいいし、もっとも理想だと思うのが現役の間に1億以上のお金を作って、老後に入ればそれをベースに投資で回していく方法。安全サイドで3%の運用利率を想定しても毎年300万は作れることになりますからね(実際には利確した時20%ほど税金持って行かれるから250万を切るぐらいにはなるけど)。
[exif img=”2019/06/20190616-_7R30095.jpg”]

これに年金を組み合わせ、一時的に大きなお金が必要になれば貯蓄から崩してというスタイルであればそれこそ100歳まで生きても不安に感じることはないと思うわけですよ。
[exif img=”2019/06/20190616-_7R30097.jpg”]

問題はその1億をどうやって作るか、っすね。それができたら苦労しませんって・・はは・・。
[exif img=”2019/06/20190616-_7R30111.jpg”]

スポンサーリンク