鳥・鳥・鳥

鳥撮りを楽しんでいます

BORG BORG 71FL BORG 絞りM75 OLYMPUS E-M1 カメラ ミニミニドロチューブ 手持ち

71FL:小川→多摩川 -2-

更新日:

さてさて、残りの写真、本日中に一気にエントリーいきますよ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

前にも書いたけど、MF回ってて本当に楽しい。常時20種以上会えるし、うちの周りは鳥との距離が比較的近い。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この日も前の晩寝るまでとか翌朝起きてからも「どこに行こうか」と色々考えを巡らせていたのですよ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

でも車で1-2時間かけて行くよりは、近くで20種以上エンカウントして、近いところで撮れる可能性の高い方がいいなと思って、2日続けてMFに出たわけです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それだと芸がないので、前日とはルートを逆に歩いたんだけど。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、本ブログでは技術的な話題を基本的に避けるようにしてきたんだけど、年末なので1つぐらいいいかと、ちょっと書いてみます。

中川さんのブログでよく「よく撮れてます。でもBORGはもっと写るので頑張ってくださいね」みたいなコメントがあるじゃないですか。

一般レベルからすると「おぉ、よく写ってるなぁ」と思える写真なのに、開発者からすると「潜在能力はもっとあるよ」とアドバイスしてる。あれってどういうことなのか。

BORGの破壊力を引き出すにはブレや露出などの要素ももちろんあるんだけど、ほとんどの場合は「ピントの追い込み」だと思う。「これでジャスピン!」と思っていても、紙1枚ほどのピント面を移動することでもっと解像することがある。

そんな例を一つ。

ハクセキレイが8mほどのところにいた写真です。トリミングしていますが画角は合わせています。

そこそこ前面の羽が解像してるけど、まだ若干前ピンです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここから数ミリ後ピンにするとジャスピンが来ます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

BORGレンズの場合狙ったところにジャスピンが来ると本当に繊細な描写をしてくれます。よくレンズの解像度を表現するのに「カリカリ」という言葉を見かけるけど、BORGの場合紙1枚前後のカミソリピントが合った瞬間はカリカリではなく、恐ろしく繊細な描写を見せます。

個人的に目指しているピントはこの瞬間です。さすがにEVFでも撮影時にここまで見えているわけではありません。

だからピント面がおおよそ合った「ずわっ」と羽毛が見える瞬間でも安心せず、微妙にヘリコイドを前後させながら何枚も撮っています。

ブログで使う写真の選定時、1枚目の写真は残念ながらボツです。2枚目は合格。

でも1枚だけを使うならこれ↓。↑の写真よりまだ羽毛が細く、繊細に写っています。ガチピンが来た時のBORG写真は何年撮り続けても、数万枚撮ってきてもいまだに惚れ惚れします。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もともと、鳥撮りを始めたその日にハクセキレイを撮り、当時はパナのミラーレスに望遠レンズで、今見ると「白と黒の固まり」な写真なんだけど、それでも当時は「可愛いなぁ」って思ったものです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

望遠レンズはいろいろ使ってきたけど(数十万以上の高いのは手が届かないので10万円クラスのもの)、やっぱりBORGは別格で、BORGが出してくれる繊細な絵は「まるでそこに鳥がいるかのよう」な臨場感に加え、鳥に対する愛情をも写してくれていて、だからこそ惚れ惚れしてしまう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

解像感だけ目指すと撮影時のピントが合っていることはもちろん前提なんだけど、RAWからの編集時に違った方向になるんですよ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

羽毛を細く解像しているように見せるだけなら、むしろ自分がやってるパラメータ調整の方向は真逆になります。でも自分が作りたい写真はそこじゃないので、そういう絵作りはしない。なにが違うのかはあるパラメータによるんだけど、それはまた別の機会に。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最近ほぼ必ずノスリに出会う。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

で、必ずカラスに追いかけられる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なんかもう見慣れた光景。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

君たちはトムとジェリーか!って感じ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

久し振りにハクセキレイのトビモノを狙ってみました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水面反射が綺麗っすなぁ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

爆速セキレイのトビモノでもピントが合うと羽毛が見える。なんつー解像度、71FL。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「さいなら!」
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ところで「カミソリピン」とも呼ばれる、激薄の被写界深度ですが、実際のところどんなものかいなと検索したら素敵なサイトがありました。

マイクロフォーサーズはなかったけど、フォーサーズも似たようなものだろうと計算してみました。71FLは400mmF5.6なのでそれを入れ、被写体までの距離として5mを入れてみる。すると・・・

ピントが合う範囲は4.985m - 5.010m。その範囲、なんと2.9cm。想像していた以上に薄い。ちなみにAPS-Cで計算すると範囲は3.9cm。その差1cm。誤差ですな、こんなもん。

では10mの時は?→11.7cm。

15m:26.2cm。

100m:11.692m。

100m先の猛禽トビモノだと被写界深度は11mぐらいあるのか。

あと、67FL(300mm、F4.5)だと(F4.5というのはなかったのでF4で見てみる)
5m:3.7cm
10m:14.8cm

コ・ボーグ(200mm、F5.6)
5m:11.7cm
10m:46.6cm

10m先で10cm以上あるのだったら意外と気持ちは楽にピント狙えるけど、5mという近いところだと本当にカミソリピンですな。

持ってないけど参考までに90FL(500mm、F5.6)もやってみた。近くはないけど、そう遠くもない将来、購入資金ができる可能性がなきにしもあらずと言えなくもないこともないので(イミフ)。
5m:1.9cm
10m:7.5cm

薄っ!

スポンサーリンク

おすすめ記事

-BORG, BORG 71FL, BORG 絞りM75, OLYMPUS E-M1, カメラ, ミニミニドロチューブ, 手持ち,

Copyright© 鳥・鳥・鳥 , 2018 All Rights Reserved.