撮っても編集しても楽しいカメラとレンズと再認識した鳥撮り -1-

スポンサーリンク

先週は土曜日にRX10M4が欲しくなって午後からビッカメに買いに行き、日曜日に早速葛西臨海公園でトビモノ狙いで撮りに行き、帰宅後がっかりしたというのは先週書いた通りです。
[exif img=”2018/08/20180825-_DSC7697.jpg”]

今週の土曜日、もとに戻ってソニーα7RIII+FE100-400mmGMでハクポへ鳥撮りに行きました。
[exif img=”2018/08/20180825-_DSC7699.jpg”]

タイトル通りですが、いやぁ、撮ってよし、編集してよしを再確認したシステムでした。
[exif img=”2018/08/20180825-_DSC7705.jpg”]

やっぱり羽毛は解像しないと楽しくない。うん。
[exif img=”2018/08/20180825-_DSC7712.jpg”]

そして被写体も背景もノイズが多いと楽しくない。うんうん。
[exif img=”2018/08/20180825-_DSC7715.jpg”]

木陰にハクちんがたくさんいるポイントの枝に腰掛けて、ハクちん幼鳥たちを待ちます。
[exif img=”2018/08/20180825-_DSC7716.jpg”]

歌いながらやってきた。
[exif img=”2018/08/20180825-_DSC7726.jpg”]

嘘です、暑いから口を開けてるんですね。
[exif img=”2018/08/20180825-_DSC7728.jpg”]

先週と今週で撮り比べたので余計に感じるけど、やっぱりノイズが少ないってのは気持ちいいわぁ。
[exif img=”2018/08/20180825-_DSC7730.jpg”]

センサーサイズでこんなに違うのねぇということを改めて知ったのでした。
[exif img=”2018/08/20180825-_DSC7739.jpg”]

スポンサーリンク