鳥・鳥・鳥

鳥撮りを楽しんでいます

BORG 90FL FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

解像感はさすがに一枚上:久し振りにBORG 90FLでカワセミ撮り -4- End

更新日:

まぁ、でもそうは言っても画質はほんと超優秀。この解像度を出すレンズは知らないですねぇ。ゴーヨンとか使ったことないので知らない世界ですが、10万や20万で買えるレンズでは唯一無二の画質じゃないでしょうか。

ILCE-7RM3 ---- F1.0 mm ISO400  1/400sec 

ただ、以前90FLを使ってる時にも書いたけど、M75ヘリコイドはトルクをもっと軽くして欲しい。

ILCE-7RM3 ---- F1.0 mm ISO400  1/500sec 

ピッチが細かいのでピント合わせは抜群。カワセミの羽毛を狙うのにも完璧なヘリコイドです。

ILCE-7RM3 ---- F1.0 mm ISO400  1/640sec 

しかしトルクが重いので、回しているうちにEVFで拡大表示しているカワセミの羽毛が「ぐるんぐるん」揺れて、どこにピントンの山があるのか分からなくなること多数。

ILCE-7RM3 ---- F1.0 mm ISO400  1/800sec 

電磁リングにしてほしいとは思わないけど、もう少し軽いトルクにしてもらわないと、フィールドで迅速にピントを狙う必要がある野鳥撮影では厳しい。

ILCE-7RM3 ---- F1.0 mm ISO400  1/250sec 

今回のように、カワセミが止まる枝と位置がほぼ毎回同じという時でさえ「あぁ、揺れる・・・!」とフラストレーション溜まっていましたから。

ILCE-7RM3 ---- F1.0 mm ISO400  1/320sec 

次のバージョンでトルクの軽いヘリコイドが出てくるといいですね。

ILCE-7RM3 ---- F1.0 mm ISO400  1/400sec 

10-15分に1回ぐらいの頻度で出てきてくれるので、3時間ぐらいでかなりの写真と動画を撮り、満足して帰ることにします。

ILCE-7RM3 ---- F1.0 mm ISO400  1/320sec 

テント張っているせいで向こうも全然警戒心なく、下手したら20分ぐらいまったりしているので、テントから出られない・・・。そんな贅沢な悩みをしていた鳥撮りでした。

ILCE-7RM3 ---- F1.0 mm ISO400  1/640sec 

こんな場所です。こうやって見ると意外と枝まで離れているでしょう?これをあと1-2m近づきたいので、今いろいろ考えているところです。

iPhone 7 iPhone 7 back camera 3.99mm f/1.8 F1.8 3.99mm ISO20  1/5300sec 

スポンサーリンク

おすすめ記事

-BORG 90FL, FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS

Copyright© 鳥・鳥・鳥 , 2018 All Rights Reserved.