カワセミ狙いだったけど・・・ -6-

スポンサーリンク

最後の最後でようやくカワセミ♂が来た。でもピントは合ってるはずなのになんか羽が分解してないなぁと思ったら濡れてるのね。飛び込んだ直後か。
[exif img=”2018/03/20180318-_DSC5658.jpg”]

ところで少し前ですが、速読法などの本で有名になった神田昌典氏が日経新聞で苦言を呈するコラムを書いていましてね。「最近日本人はおもてなしと言い過ぎではないか?」みたいな内容でした。
[exif img=”2018/03/20180318-_DSC5663.jpg”]

神田氏がタクシーに乗った時にカードが使えない、SUICAが使えない、場所が分からないドライバー等々辟易する場面が多かったとかいう話でした。そして、オリンピック招致成功あたりから商売をしている日本人は「おもてなし」を言い過ぎ、考え過ぎではないか?と言ってるんです。おもてなしを考える前に「そもそもとして」ができていない商売が実に多い、と。
[exif img=”2018/03/20180318-_DSC5678.jpg”]

いやぁ、そうなんですよねぇ。よくぞ言ってくれたなぁと思って読んでいました。おもてなしって例えば高級旅館とか銀座のクラブあたりが提供する世界であって、一般的な商売では必ずしも必要とされていないと個人的には思っています。
[exif img=”2018/03/20180318-_DSC5680.jpg”]

神田氏は「おもてなしの前に一手間を省いて欲しい」と言っています。もうね、まさにそれ。例えばなんですけど、私はリアルな買い物ではクレジットカードってめったに使わない。1-2ヶ月後に請求されるタイムラグが嫌いってこともあるけど、それよりもクレカ決済にかかる手間が嫌なんです。
[exif img=”2018/03/20180318-_DSC5684.jpg”]

例えば外食して代金が3,886円だったとしましょう。現金払いなら4,000円出してお釣りとレシートもらって終了です。しかしクレカを出すと「少々お待ち下さい」とPOSにつないで決済会社の承認(オーソリ)を取って、最後に自分がサインをしてと手間が2つも3つも増える。この時間と手間が嫌なんです。
[exif img=”2018/03/20180318-_DSC5695.jpg”]

だから逆にネットではクレカをよく使います。サインも不要だし、オーソリも一瞬だから。
[exif img=”2018/03/20180318-_DSC5705.jpg”]

商売の売上が伸び悩んでいる店とか業界って、「おもてなしで売上向上を狙おう!」ではなく、「お客様の手間を省くことを真剣に考えていますか?」と言いたいことが多いんです。そしてヒット商品、特にイノベーションとまで言われるサービスとかプラットフォームって実は「技術は以前からあったけど、劇的に人間の手間を省いたということがコンセプトなものが多い。
[exif img=”2018/03/20180318-_DSC5733.jpg”]

いい例がスマホです。今までインターネットと電話とデジカメって別々だったんです。だから3つとも必要な人には3つもデバイスを持つ必要があり、それを連携したい(例えばデジカメでいい写真が撮れ、それをFacebookやインスタで共有したら、興味を持った出版社が電話で「雑誌に使わせて欲しい」と連絡をしてきたというような状況)時に非常に面倒だったんです。ところが今はiPhoneが1台あるだけで全部できちゃう。恐ろしく手間を省いたんです。
[exif img=”2018/03/20180318-_DSC5749.jpg”]

CDとか本が売れなくなったのも同じ理由ですよね。ネットからデータで落とした方がはるかに手間が少ないもの。そしてAIの時代がやってきてる。例えば私はGoogle Homeを使ってるけど、「ヘビメタかけて」とか言うとGoogleドライブに預けている私の音楽ファイルの傾向から「この人はこういう曲が好きだろう」と判断してかけてくれる。AIに仕事を奪われないようにとよく言われてるけど、そうであれば「手間を省く」ことを脳に汗が出るぐらいまで考えないといけません。枯れた業界でもできることはまだまだあるはずです。

スポンサーリンク